指定サイトで購入する商品の価格は比較するとバラバラ

ショッピング枠を使った現金化を行うとき業者を利用すると指定サイトで商品の購入をすることになります。購入商品の価格は業者によって異なり利用金額に応じて調整されます。

例えば12万円が手元に必要な場合はの158,000円の商品を指定する業者Aもあれば42,000円の商品を4点指定する業者Bもあります。

それぞれショッピング枠の利用総額が違うことにお気づきでしょうか?
業者A → 158,000円
業者B → 168,000円

両者でクレジットカードの利用料金が1万円の差があります。
手元に来る現金は12万円で買わなければ換金率を比較すると
業者A → 75.9%
業者B → 71.4%

換金率にこれだけの差が生じてしまします。

現金化を検討している方は何社か問い合わせをして比較すると思いますが計算が複雑であったり業者によって微妙に条件が違うので比較は意外に難しくなります。

そんなときは別の方法で損をしない現金化業者の選び方を行うことをオススメします!
損をしない現金化比較方法

比較するなら余計な商品購入をさせない業者を選択する

現在、クレジットカード現金化で指定商品を購入させて現金還元を行うキャッシュバック方式を取り入れている業者が大半を占めますが指定サイトに並んでる商品で決済金額を調整しなければならないので何も知らないで利用すると余計なショッピング枠を消費させられてしまう可能性もあります。

キャッシュバックで現金化を行う方法は即振込可能というメリットがある反面、利用金額の調整がしづらいデメリットがあります。
同じ金額で他社を利用したほうが負担が少ない場合もあるのでそういったところも比較対象と言えます。

ただし業者によって取扱商品も違えば、購入料金も異なりますのでショッピング枠を余計に使わないか詳細を確認したほうが良いでしょう。

購入商品、設定価格などの詳細情報はネットで検索できない

残念ながら購入商品や利用金額の調整などの現金化業者の詳細はネットで検索しても情報がありませんので直接問い合わせて聞く他ありません。

問い合わせて得た情報をしっかり吟味して正しい情報を選択できれば比較もそこまで難しいものではないかもしれません。

現金化業者の比較には3つのコツがあった!知ってて得する失敗しないショッピング枠現金化

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です