携帯電話のキャリア決済で現金化する時の注意点

すべての携帯電話で現金化ができるわけではない

携帯電話の利用料金を現金化できるキャリア決済を取り扱う業者もたくさん増えてきましたが、キャリアによっては現金化に向かない者も存在します。大手3キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクは現金化は一例を除けば問題なくできますが、利用者も増えている格安スマホなどはキャリア決済ができないため現金化には適していません。

先程、大手3キャリアの一例と触れましたがソフトバンクのみどの業者でも他のキャリアに比べて換金率が下がってしまいます。

ソフトバンクは現金化には不利

もちろん現金化ができないわけではありませんが、ソフトバンクはキャリア決済できるサイトで現金化するための一番換金率の高い商品が買えないため現金化すると他のキャリアン比べて手元にくる現金が少なくなります。これはどの現金化業者でもキャリア決済というとピンコムというサイトで電子マネーを購入してもらうからなのですが、このサイトはある時期からソフトバンクで換金率が一番高いアマゾンギフト券の購入を禁止してしまったからなのです。

ソフトバンクで買える現金化するための商品

ではアマゾンギフト券では無くて何を購入するのでしょうか?多くの業者が選定する商品はiTunesカードのバリアブルカードと言うもの。バリアブルとは1円単位で金額を設定して決済できるとても便利な機能です。ですが現金化で大事なのはもちろん換金率です。この換金率はアマゾンギフト券に比べ2割ほど低くなります。

キャリア決済は利用上限枠がある

大手3社のキャリア決済にはそれぞれ利用金額の上限が設けられ最大10万円までとなっています。自分はどれくらいの枠があるのかは契約している各社のサイトにあるマイページで確認できますが、契約年数や支払状況によって変動しますので各々ばらばらです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です