クレジットカード現金化の比較ポイント

皆さんはクレジットカードの現金化サービスを行うとき比較のポイントとしてどこを見ていますか?単純に換金率だけですか?もし「はい」と答えた方は思いもよらない落とし穴にハマってしまう危険性大です。たしかに換金率は比較の対象で最も気にしなければいけないポイントなのは確かですが、そこばかり気にしていると逆に損をしてしまう可能性が現金化サービスには潜んでいます。ではその落とし穴に落ちないように傾向と対策をご説明いたしましょう。これを知っていれば損をしないクレジットカード現金化ができることでしょう。

比較するポイントは換金率だけではない

クレジトカード現金化が初めての方がつい陥りがちなケースは換金率ばかり気にしていてその他の大事な比較ポイントを見逃しがちな点です。たしかに換金率を比較することは悪いことではありません。しかしそこだけ見ていては逆に不利な条件で現金化してしまう恐れがあることを留意していただきたいと思います。たとえば、よく初心者で陥りがちな例として振込まれた金額が換金率と違ったということ。なぜこのようなことが起きるのでしょうか?それは手数料が引かれているからなのです。現金化業者のその殆どが換金率で算出後の額面から諸経費を引いて振込を行います。諸経費として代表的なものは決済手数料、振込手数料、送料、事務手数料などです。これらは正直言えば説明されないで引かれてしまえばもちろんトラブルの原因になります。最近でこそ手数料等は一切かかりませんと謳う業者も出現してきましたが今もなお殆どの業者が手数料などを引いてきますので何がいくら引かれるのかはしっかりと確認した方がよいです。もししっかりと答えてくれないところは利用を控えるべきでしょう。以上のことから換金率ももちろん大事ですが手数料など引かれる金額、実際に振込まれる金額も比較すべきと言えます。

現金化業者の比較にはコツがあった!知ってて得する失敗しないショッピング枠現金化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です